水出し煎茶 & グリーンティーパウダー

夏のお供は冷緑茶

 今年は5月から「熱中症に注意!」と報道されています。人ごとではありません。昨年、近しい知人が庭仕事をしていて発症。「気持ちが悪くなったけれど、熱中症とは思わなかった」とか。大事にいたらずよかったです。

水筒持参で熱中症予防

 私も、小まめな水分補給を心がけていますが、頼りになるのが、健菜の水出し煎茶。外出時は、冷蔵庫につくりおいている冷煎茶をおしゃれな水筒に入れて、持ち歩くようにしています。
 いたる所にコンビニや自販機があり、飲料はいつでも手に入りますが、ペットボトルを毎日捨てている自分の姿に「これでいいのか」と思い、3年前に水筒持参派になりました。それに、ミネラルウォーターは別として、ペットボトル入りの飲料はどれも苦手。○○茶は色々ありますが、ボトル1本を飲みきれたことはないのではないかしら。
 健菜の水出し煎茶は、傑作だと思います。香りがあって渋みがやさしい。旨みはしっかり。嬉野産の健菜玉緑茶のおいしさが生きています。
 さて、一方、健菜のグリーンティーパウダー。わが家では海外旅行時の必需品ですが、夏のエジプトでは本当に助かりました。気温40度の中で遺跡を歩き、水を浴びるほど飲んでいるうちに、水を見るのも嫌になってしまったのです。けれど、粉末緑茶を混ぜたら喉を通り、ホッと一息。この時ばかりは命の粉末......かな。

水筒持参で熱中症予防

 ちなみに熱中症対策には、水か塩水がいちばん。利尿作用があるカフェインを含んでいるので、緑茶は避けた方がいいとの説もありますが、水出しだとカフェインは抽出されないそうです。一方、茶葉がもつ豊富なビタミンやミネラルはそのまま摂れるとか。知人の栄養士さんからは、「大量に水分摂取するスポーツ選手は別として、お茶が好きなら、それで水分補給の機会を増やしたほうが、熱中症予防になる」と聞きました。その通りですね。
 昨日、あるセミナーに出席してきました。聴衆は各々に飲料を持参していましたが、おしゃれな水筒を机上においているのは、若くて感じがよい女性ばかり。私も仲間入りできて少しうれしかったです。
(神尾あんず)


新着エントリー

  • じつは甘い!南高梅 自然落下の完熟を待つ

    収穫最盛期の6月。梅林が広がる梅の里は、 甘酸っぱい香りにつつまれていた。  南高梅の生産者・井澗(...

    健菜通信:今月の特集 | 2020年05月
  • 健菜たまごのマヨネーズ

    いつもの暮らし 「行ってらっしゃい」  最近は、職場に行く夫を玄関の外で見送っています。緊急事態宣言...

    健菜スタイル | 2020年05月
  • 認証と安心安全

     農業関連の認証制度がいろいろあることをご存知ですか。 例えば、オリンピック選手村の食材に義務づけら...

    野菜の今とみらい | 2020年04月
  • 一番茶の摘み取り

     間もなく一番茶の摘み取りです。以前はゴールデンウイークから始めていたのですが、新芽の様子を見て4月...

    土かぜ日記 | 2020年05月
ページの先頭へ