健菜たまごのマヨネーズ

保守的ですか

 東京の表参道を歩いていたら、すれ違った男の子たちが、顔にメイクをしているではありませんか。「おお!」と小さく呟いた私は「いいね、自由で」と軽い賞賛の心。でも同行の姪が発した「まあ!」は「呆れた」というニュアンスです。だから「多様化の時代なのに、保守的ね」と言っておきました。彼女は憮然としていましたが......。

越えられない一線

 しかし、その日、返り討ちにあいました。問題になったのはマヨネーズ。
 ランチを食べながら、姪が「これは裏技」と意外なマヨネーズの使い方を教えてくれようとするのですが、私の心には刺さりません。ホットケーキに加えたり、炒め物に利用するなんて「試したくない」と却下。すると......。
「おばちゃん、保守的!」
 そう言い放つ姪は「してやったり」という表情です。
 一本、取られたかしら。いいえ、違います。私は見知らぬ料理を試すのが嫌なのではなく、マヨネーズを大切に食べたいだけですから。
 わが家にあるのは「健菜たまごのマヨネーズ」。たまごの風味がしっかりしていて、酸味がフルーティ、手作りのようなやさしい味がします。おいしいから、少量でも満足できる上、瓶詰めで「ちゃんと味わってね」と主張している感があるのです。
 もちろん、どんなサラダにも合うし、タルタルソースやディップとしても、魚や野菜のオーブン焼きにも欠かせません。けれど、風味を殺してしまう料理に使うのは、もったいないと感じます。だから、姪には「私は保守的ではなく、繊細な味覚の持ち主なの」と断言。彼女は 「うそ」と笑っていました。

シンプルが一番好き

 さて、今日はサンドウィッチを作りました。私は(保守的ではないので)流行にのって、具材をたっぷり挟んだ映えサンドウィッチも作ります。でも一番好きなのは、シンプルなたまごサンドとキューカンバ(きゅうり)サンド。キューカンバサンドは、本場イギリスではパンにバターを塗りますが、私は断然マヨネーズ。本場よりおいしいもの。ちなみに、ハムサンドにも海老フライサンドにも私はマヨネーズ。迷いません。

(神尾あんず)


新着エントリー

  • 「おいしい」は当たり前。 きゅうりに込めた心までご賞味あれ。

    きゅうりの専門農園を滋賀県野洲市に訪ねた。 会ったのは「おいしい」だけでは足りないという生産者だ。 ...

    健菜通信:今月の特集 | 2023年11月
  • プレミアム葡萄ジュース

    わが家の「めでたきもの」  「葡萄」という漢字が好きです。エキゾチックだし、「葡萄唐草」という古来の...

    健菜スタイル | 2023年11月
  • 農園の働き手

     農業従事者の高齢化には歯止めがかかりません。でも、産地ではいきいきと作業する若い人に出会うことも...

    野菜の今とみらい | 2023年10月
  • 秋冬野菜の栽培が始まる

    夏の農作業は土づくりが中心です。収穫後のトウモロコシの畑では葉や茎を漉き込んで緑肥に。化成肥料は...

    土かぜ日記 | 2023年09月
ページの先頭へ