進化する機能

進化する機能

 「機能性野菜」という言葉をご存知ですか。
 機能性食品は、機能=健康にプラスになる効果を強調した食品のことですが、2015年から野菜や果物も「機能性の表示」が認められるようになりました。
 それぞれの野菜が含有している機能性成分を、より高めるように栽培したり、品種改良された野菜が、すでに店頭に並んでいます。
 高リコピンのトマトや、高βカロテンと表示しているにんじんなどがそれ。
 また、特定のニーズに合わせた開発も進んでいます。
 例えば、低カリウムのレタス。腎機能が低下している腎臓疾患の人は、カリウムを多く含む生野菜や果物は厳禁。
 そんな人にとって低カリウム野菜の開発は朗報です。
 科学が進歩し、遺伝情報のゲノム編集や、栽培環境を完全に管理することで、野菜の成分を自在に操れる時代が到来しつつあります。
 その進歩をどこまで受け入れるのか。私たちは「野菜本来のおいしさ」を求めて、慎重に選択したいと思います。

永田まこと (健菜倶楽部生産部 顧問)

全国の生産者を訪ね、父に代わって永田農法の指導もしている。

新着エントリー

  • 種苗法の行方

     先の国会で種苗法改正案の成立が見送られました。改正案は品種開発者(種苗企業など)の権利を守ることに...

    野菜の今とみらい | 2020年08月
  • 八ヶ岳南麓で出会った レタスのパッチワーク

    レタスの収穫最盛期に八ヶ岳南麓の農園を訪れた。 畑はまるで葉っぱのパッチワーク。その美しさに驚く。 ...

    健菜通信:今月の特集 | 2020年08月
  • 健菜トマトジュース

    飲むサラダ  若い頃の出来事を「もう味わえない贅沢ね」と懐かしむことはありませんか。トマトの冷製スー...

    健菜スタイル | 2020年08月
  • イチョウの木の想い出

     5月は田植えと、栽培しているタラノメやウドといった山菜の収穫が重なり、大忙しでした。今は大豆の播種...

    土かぜ日記 | 2020年07月
ページの先頭へ