環境にやさしい農業 

環境にやさしい農業 

 5月12日、農水省は「みどりの食料システム戦略」という方針を決定しました。地球にやさしい農業を視野に、今後、温室効果ガスの発生をゼロに近づけ、生態系を壊す農薬や化学肥料を減らすことなどを掲げています。
 内容は多岐にわたっていますが、「本気なのか?」と思う点も少なくありません。 「2050年までに有機農業の面積を全耕作面積の25%にする」という目標はその筆頭です。現在、有機農業の面積はわずか0.5%にすぎません。
 しかも、収益が慣行農法に比べて低い状況下で、ふんばっている小規模な農家が多いのです。
 目標の実現には、ウルトラ級の賢い施策や支援が不可欠でしょう。
 健菜の生産者の多くは環境問題を意識し、すでに農薬や肥料減に取り組んでいます。そんな生産者とともに行方を見守りたいと思います。

永田まこと (健菜倶楽部生産部 顧問)

全国の生産者を訪ね、父に代わって永田農法の指導もしている。

新着エントリー

  • 可愛い牛と純白ミルク

    高原にある牧場で生まれ育つ、牛たちに会いにいった。 その健康こそが、健菜ジャージー牛乳や乳製品のお...

    健菜通信:今月の特集 | 2022年05月
  • 青大豆味噌

    砂漠のオアシス  若い頃の私は「鉄の胃」を誇っていました。アフリカやインドを旅行しても、食事は問題な...

    健菜スタイル | 2022年05月
  • 老舗ビストロの美味と、家庭の佳味

    名店を営むご夫婦が、家庭で囲む食卓には健菜が欠かせないという。 どちらの料理にも共通しているのは、芯...

    健菜通信:今月の特集 | 2022年04月
  • 試験栽培も楽しみの一つ

     渥美半島にある私の農園は、三方向を海に囲まれていて、風は強烈です。その風を受けて、アントシアニンが...

    土かぜ日記 | 2022年05月
ページの先頭へ